前へ
次へ

妊婦さんのセルフケアを伝授

歯を失ったら放置はせずに、義歯を作ってもらえる歯科・歯医者を利用しましょう。
技師がしっかり噛み合わせを含めて、適した一本を作ってくれます。
そうすれば、噛む機能を回復させることが可能です。
では、歯科・歯医者を利用できない場合はどうでしょうか。
特に妊婦さんの場合があてはまるでしょう。
つわり中は、セルフケアを工夫してほしい旨を歯医者側が伝えています。
吐き気で歯磨きがしづらいこともあるようですが、体調のよい時間帯を見計らって、1日1回はしっかりセルフケアをしてほしい旨を伝えています。
補助的に、デンタルリンスも使えます。
間食も赤ちゃんのために必要かもしれませんが、甘いものは避けて、食べたらブラッシングをセットに考えてほしい話です。
ちなみに、赤ちゃんは生まれたときには口に細菌は0です。
徐々に虫歯菌が伝染するのですが、感染源はママやパパですから、赤ちゃんが生まれる前にはパパも一緒にプロのケアや治療を受けておきましょう。

Page Top