前へ
次へ

正しい歯科医の選び方

日本にある数がコンビニよりも多い歯科は、それだけ選択肢の数が豊富という意味になります。
しかしその全てが希望通りの素晴らしい治療をしてくれるとは限らず、場合によっては口内の健康を損なってしまう恐れがあります。
そのためある程度の判断基準を持って、実際に治療を受ける前に確認することが大切です。
歯科を選ぶ際の判断基準のひとつとなるのは、虫歯治療で削る方針です。
人の歯には元々ある程度の虫歯であれば治癒できる機能が備わっています。
優良な歯科であればその働きを見込んで、あまり削らないことを重視することが多いです。
一度削ってしまった歯は、一生元には戻らないからです。
また歯科に限らず医師と患者は上下関係が成立しやすいですが、それに乗っかって一方的に治療を始めるようなところもあまり選ばない方が良いでしょう。
事前に治療内容を説明して、受ける側がそれに納得して初めて施術に移るという流れにした方が安心感も違うはずです。

Page Top